にれのレート潜闘記

このブログでは、くだらない日記のようなモノやレートで使用した構築などを載せていこうと思っています。
普段からガバガバな構築を使っておりますが、なんとなくブログをやってみたくなったので始めた次第です。
こんな構築もあるのかー、程度の気持ちで読んでいただけたら幸いです。
基本的にバトルは、シングル・ダブル・トリプルとやりますが、ここではシングル中心になるかと思います。

【最高1898】バンギフリャ【S11】

こんにちは。

シーズン11ももうすぐ終わりですね。

今回使用したパーティを紹介しようと思います。



バンギラス

種族値:100-134-110-95-100-61

実数値:207(252)-204(252)-131(4)-×-120-81

性格:いじっぱり

特性:すなおこし

持ち物:こだわりハチマキ

かみくだく/ストーンエッジ/じしん/ばかぢから


今回のパーティコンセプトの中核。所謂ヤンギラス。

特性すなおこしによる大抵のポケモンにスリップダメージを与えることが出来るだけで素晴らしいです。岩、地面、鋼以外に対してタスキ潰しが出来る点も良かったです。

基本的な運用は特殊ポケモンに対して受け出し、こだわりハチマキによる高火力な攻撃で先に相手のサイクルを崩すといったケースが多かったです。

クレセリアに打点が欲しかったのでおいうちではなく、かみくだくを採用。

おいうちでゲンガーやラティオスを仕留められないのが辛かったので、個人的にはおいうちの方が使いやすかったです。



フライゴン

種族値:80-100-80-80-80-100

実数値:155-135(116)-100-132(156)-90-150(236)

性格:うっかりや

特性:ふゆう

持ち物:きあいのタスキ

りゅうせいぐん/じしん/ストーンエッジ/フェイント


今回のパーティのメインヒロイン。そして筆者の嫁ポケ。

りゅうせいぐんにより対面からガブリアス、ラティオス、ボーマンダといったドラゴンを返り討ちにする係。

必要な火力を割り振り、余りはSへ。

また最速81族を抜いているので最速ギャラドスに一発入れることも可能。

まもる貫通優先度+2のフェイントにより相手のタスキ、赤ゲージのポケモンを処理することも出来ます。実際に相手のファイアローを撃墜出来たケースも数回ありました。


―以下ガブリアスとの差別化について―

耐久も火力もSも高いガブリアスの方が優れている、という方もいると思います。ですがガブリアスには無い優先度+2の先制技、地面無効の特性ふゆう。この2つだけでも差別化は十分だと思います。

また今回のフライゴンには採用していませんが、耐久ポケモンを突破できる可能性を持つじわれ、サイクル戦を有利に運ぶことの出来るとんぼがえりなど器用なポケモンです。

タイマン性能は低いですが丁寧に運用すれば輝く、それがフライゴンだと思っています。



ウォッシュロトム

種族値:50-65-107-105-107-86

実数値:137(92)-×-127-150(196)-127-147(220)

性格:おくびょう

特性:ふゆう

持ち物:こだわりスカーフ

ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷)/トリック


サイクルを回したり、スカーフで上から叩くことにより奇襲を仕掛けるパーティの潤滑油ポジション。

5世代に比べ弱体化したトリックですが、ナットレイやポリゴン2のような粘って勝ち筋を作っていくポケモンに対して刺さるので、まだまだ現役な技だと思っています。

またトリック後も最速ギャラドスを抜いているので、ボルトチェンジで押していくことも出来ます。

この型の良いところの一つとして対面からメガじゃないバシャーモをハイドロポンプで(当たれば)叩き潰せるというのもあります。

ファイアローやマンムーを止めることが出来るのもいいですね。



ファイアロー

種族値:78-81-71-74-69-126

実数値:175(172)-101-115(188)-×-89-181(148)

性格:ようき

特性:はやてのつばさ

持ち物:ゴツゴツメット

ブレイブバード/おにび/はねやすめ/ちょうはつ


上からおにびを叩きつけ、物理ポケモンに引導を渡す係。お願いだからおにび当ててください

耐久を下げ最速メガルカリオ抜きまでSに振りました。

Sに努力値を回したことによって繰り出し性能は下がりましたが、こちらの方が個人的には使い勝手が良かったです。



ニンフィア

種族値:95-65-65-110-130-60

実数値:201-×-113-144-151-85

性格:ひかえめ

特性:フェアリースキン

持ち物:カゴのみ

ハイパーボイス/サイコショック/めいそう/ねむる


めいそうニンフィアです。

メガヤミラミを突破できるポケモンが欲しくて入れました。

選出率は一番低かったですが、選出した試合ではきっちり仕事してくれました。

相手のドラゴン技を抑止出来る点もいいですね。



◇(メガ)フシギバナ

種族値:80-82-83-100-100-80 ➡ 80-100-123-122-120-80

実数値:187(252)-×-127(100)-128(64)-129(68)-103(24) ➡ 187-×-171-150-149-103

性格:ずぶとい

特性:しんりょく ➡ あついしぼう

持ち物:フシギバナイト

ヘドロばくだん/ギガドレイン/めざめるパワー(炎)/こうごうせい


このパーティに刺さっているドリュウズを止めるために採用しました。

まためざ炎によりハッサムやナットレイに負担をかけることも可能。

補正なしA252ガブリアスのげきりんなら確3です。

HDフシギバナでなくてもボルトロスを相手にすることが出来るのでHBベースに振ってみました。

サイコキネシスはやめて下さい

特性あついしぼうにより炎、氷タイプの相手が出来るのも良い点ですね。



このパーティで最高レートは1898。すぐに1700台まで叩き落されましたがw

怒涛の11連続回線切れは笑えない

そして現在は1700ぴったりです。なんかすっきりしてるしこれで今シーズンのシングルレートは終了しようかなと思ってます。

次シーズンからは過去作のポケモンが再び参入してくるので、どんな環境になるのか楽しみですね。


それと現在メガフライゴンに向けて国際孵化中です。

特性は何かしらスキンになると読んでいるので臆病で孵化してます。スキンばくおんぱとかいう兵器が完成しますね!

既に色フライゴンは2匹いますが、1匹はA抜けうっかりや。もう1匹はC抜け臆病という有様。

個人的には特性いろめがねとかも面白そうですよね。

メガフライゴンの期待に胸を膨らませつつ、今回の記事は終わりにしようと思います。それでは。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。